電球のイメージ写真にアフィリバ!の文字タイトル

『コピーライティングを駆使して、アフィリエイトで稼ぐ』ことをお手伝いするブログ

  • 2021年9月13日

人生の転機が訪れる前兆とは?転機を活かす方法も解説します!

こんにちは、真路(シンジ)です。   あなたは、「人生の転機」と呼べる出来事を経験したことはありますか?   「今振り返ってみると、あの出来事が人生の転機だった」   このように言う人は、割とたくさんいます。   僕はというと、人生の転機に気付かずスルーしてし […]

  • 2021年9月3日
  • 2021年9月12日

【圧倒的に読まれる!】ブログの記事タイトルを作る7つのテクニック

こんにちは、真路(シンジ)です。   あなたは、「ブログの記事タイトル」の大切さについて考えたことはありますか?   「記事タイトルって、そもそも大切なのかな?」 「記事タイトルなんて、適当に決めても問題ないでしょ」   もしかしたらあなたは、記事タイトルのことをこんな […]

  • 2021年8月11日
  • 2021年9月12日

初心者のためのコピーライティング基礎講座【入門編】

こんにちは、真路(シンジ)です。   あなたは、「コピーライティングを学びたいけれど、何から始めればいいのか分からない」と困っていませんか?   インターネットでコピーライティングについて調べると、ヘッドラインやブレット、クロージングコピーといった専門用語や、文章の書き方のノウハ […]

  • 2021年8月6日
  • 2021年9月12日

やる気アップ術!アフィリエイトでやる気が出ない時に使える5つの方法

こんにちは、真路(シンジ)です。   アフィリエイトをやっていると、まったく作業がはかどらない時ってありますよね。   「まったくやる気が出ないな… 」って時です。     まあ実際のところ、そんな「やる気ゼロ」状態は、アフィリエイトに限らず、仕事や勉強など様 […]

  • 2021年7月23日
  • 2021年9月12日

バンドワゴン効果とは?「みんなが選んでるから」という影響力の使い方

こんにちは、真路(シンジ)です。   突然ですが、あなたはコンビニのトイレで、こんな張り紙を見たことがありますか?     僕はこの張り紙を見かけるたびに、「みんなキレイに使ってるのか…。自分も気をつけて使おう」と思ってしまいます。   この張り紙を見て、そう […]

  • 2021年7月11日
  • 2021年9月12日

読まれるブログの「書き出し」には型がある!魅力的な書き出しがスラスラ書けるWebライティング術

こんにちは、真路(シンジ)です。   ブログの記事を書く時、あなたは次のように悩むことはありませんか?   「記事の書き出しが思いつかなくて、いつも手が止まってしまう」 「記事が全然読まれない…もしかして、書き出しに魅力がない?」   ブログ初心者にとって、書き出しはか […]

  • 2021年6月26日
  • 2021年6月26日

マインドブロックを解除して「なりたい自分」になる方法

こんにちは、真路(シンジ)です。   あなたは、心の中に生まれた夢や目標に対して、「自分にそんなことできるわけがない」と思い込んで、気持ちにブレーキをかけてしまうことはありませんか?   例えば、せっかく『自分でビジネスを始めてみたい』という気持ちが生まれたのに、   […]

  • 2021年6月13日
  • 2021年7月4日

PREP法とは?説得力バツグンの文章構成テンプレートを徹底解説!

こんにちは、真路(シンジ)です。   あなたはブログ記事を書く時、次のように悩んでいませんか?   「もっと分かりやすい文章を書きたい!…でも、なかなか上達しないなあ」   実はその悩み、「PREP法」という文章構成テンプレートを使えば、サクッと解決できます! &nbs […]

  • 2021年6月7日
  • 2021年6月8日

人生を自由に生きる!「新しい働き方」の時代に使えるスキルとは?

こんにちは、真路(シンジ)です。   もしあなたが社会人なら、一度くらいは次のように考えたことがあるでしょう。   「会社に行かず、好きな時間に起きて、働きたい時だけ働けたらどんなに幸せだろう」   もちろん僕は、何度も考えました(笑)。   でもほとんどの人 […]

  • 2021年6月1日
  • 2021年8月10日

【OATHの法則】お金になる読者層に直接アプローチする方法とは?

こんにちは、真路(シンジ)です。   あなたは「コピーライティングでもっとも重要なポイント」を知っていますか?   それは、「メッセージを絞り込む」ことです。   絞り込んだメッセージを読者に伝えることで、読者は「これは私のために書かれている!」と感じます。   […]